横須賀男狩り 少女・悦楽 【DVD】 - ハピネット・オンライン
  • 横須賀男狩り 少女・悦楽 【DVD】
拡大する
横須賀男狩り 少女・悦楽 【DVD】

横須賀男狩り 少女・悦楽 【DVD】

  • DVD
  • まとめてラッピング可能

10770601

15% OFF

3,240

販売価格2,754円(税込)

獲得ポイント:27pt

商品情報

スタッフ

藤田敏八(監督)岡田裕(製作)那須真知子(脚本)藤田敏八(脚本)成田尚哉(企画)安藤庄平(撮影)熊谷秀夫(照明)荒野忠(音楽)渡辺平八郎(美術)井上治(編集)紅谷愃一(録音)高橋芳郎(助監督)

内容説明

ストーリー
電話が鳴っていた。鳴り続ける電話を、誰もとることが出来なかった…。/その電話は、妹・きっこからの電話に違いない。音を聞く姉の八重子は震えていた。目の前には出刃包丁がつきつけられていた。左手には拳銃が握られている。/「出るなよ、出たら殺す!」、夫の光夫はその男に手足をしばりあげられていた。その男の手首には赤い痣があった。男は光夫の前で八重子の乳房を愛撫し、犯し始めた。絶望の中で行為は続き、光夫は屈辱になすすべもない。/帰って来たきっこは、どこか取り繕ったような二人の様子から、夫婦げんかでもしたものかと思う。/きっことミコが街を歩いていると、光夫が、ピンク映画館に入っていく姿を見た。光夫は夜になるとその映画の暴行シーンのように八重子に迫った。やるせなくうつろな夫婦の営み、「あいつは…、そんなによかったか」。/きっことミコは親友同士、学校の帰りはいつも一緒だった。二人は、ディスコQでジミーという米兵と知り合う。その夜ミコが帰ってこないという連絡が入った。ミコはジミーに薬を飲まされてホテルへ連れこまれたが何もおこらず、ジミーは本当にミコを愛しているのであった。きっこの姉夫婦にも、ミコとジミーの間にも平和な日々が戻った。/ある夜、ガラスの破れる音できっこ目をさましす。例の男がまたしても、光夫の前で八重子を犯していた。男は行為が終ると二度と来ないと言って去った。再び襲った悪魔に姉夫婦は今後こそ破局へと追い落とされた。/きっこは、ディスコQへ勤め始めた。カウンターに一人の男がすわった。手首に赤い痣…。あの男だ。きっこの心に復讐心が燃え上がり、ミコに助けを求める…。

『横須賀男狩り 少女・悦楽』
『修羅雪姫』がタランティーノの『キル・ビル』で引用されたことで世界中で最注目された、名匠・藤田敏八監督は、『八月の濡れた砂』『バージンブルース』等で70年代の日本映画を代表する作品を発表する一方、古巣の日活に戻ってロマンポルノならではの作品を残した。本作は「シナリオ」誌公募から選出された那須真知子の脚本を、新人二人を抜擢して映画化した、藤田作品ロマンポルノ幻の傑作として語られる作品だ。日常性が破られ、痛みの中で暴走していく少女二人と大人たち、青春映画として類を見ない描写が鮮烈だ。出演は新人の大野かおり・中川ジュンをメインとして、テレビの人気番組『日曜天国』で人気の黒田節子が折口亜矢名義で出演。夫の前で暴漢に犯される妻を演じている。高橋明・矢崎滋・蟹江敬三、等個性的な脇役も印象的だ。



初DVD化/ロマンポルノ創設45周年記念/本編77分

商品詳細

JAN4907953270077
種別DVD
収録時間77分
組枚数1枚組
制作年1977
制作国日本
色彩カラー
画面サイズシネスコサイズ=16:9LB
音声仕様ドルビーデジタルモノラル 日本語
一般制限R-18
販売元日活
発売元日活