• わが命の唄 艶歌 【DVD】
拡大する
わが命の唄 艶歌 【DVD】

わが命の唄 艶歌 【DVD】

  • DVD
  • まとめてラッピング可能

10824427

15% OFF

3,520

販売価格2,992円(税込)

獲得ポイント:29pt

数量:

【DVD倉庫】

商品情報

スタッフ

舛田利雄(監督)五木寛之(原作)園田郁毅(企画)池上金男(脚本)高村倉太郎(撮影)熊谷秀夫(照明)福島信雅(録音)木村威夫(美術)井上親彌(編集)伊部晴美(音楽)安藤実親(音楽)

内容説明

解説
愛に生き、歌に生涯を賭けた男の情熱!渡、松原、水前寺、クラウンオールスター総出演の豪華歌謡大作!

『わが命の唄 艶歌』
横浜のホテルで、コピーライターの津上と恋人の亜矢子が狂おしく抱き合っていた。結婚の約束をしたその日、彼女は自殺した。理由は分からなかった。津上の上司の黒沢が退職しテレビ局に勤めると、失意の津上も呼ばれてCM音楽のディレクターになった。アパートの管理人の娘・京子は、津上の心を慰めた。三年後、津上はレコード会社の企画制作局長となった黒沢に誘われ、レコード会社のディレクターになる決心をする。「艶歌の竜」といわれる高円寺隆三のドキュメントを見て、その情熱にうたれたからだった。黒沢の秘書・美矢子が、亜矢子の妹と知って衝激を受けた。美矢子は姉の自殺の理由を津上に問うが津上には分からなかった。歌とは、艶歌とは何か?高円寺の熱の中に、津上はそれまで批判的だった「艶歌」に対する思いが変わりいつしか惹かれていくのを感じていた。/津上と高円寺は流しで唄っている京子に出会う。京子は父が公金横領で入獄した為、生計を助けるため唄っていたのだ。高円寺は京子の唄に惚れこむ。一方、黒沢はレコード売り出しの方法で高円寺と対立する。新人歌手の売り出しで決着をつけることになった。/「艶歌」にかける戦いが始まった…。

永続特典

ピクチャーレーベル

商品詳細

JAN4907953275072
種別DVD
収録時間109分
組枚数1枚組
制作年1968
制作国日本
色彩カラー
画面サイズシネスコサイズ=16:9LB
音声仕様ドルビーデジタルモノラル 日本語
販売元日活
発売元日活