• 骨まで愛して 【DVD】
拡大する
骨まで愛して 【DVD】

骨まで愛して 【DVD】

  • DVD
  • まとめてラッピング可能

10824438

15% OFF

2,750

販売価格2,337円(税込)

獲得ポイント:23pt

商品情報

スタッフ

川内康範(原作)川内康範(脚本)斎藤武市(監督)萩原憲治(撮影)小杉太一郎(音楽)

内容説明

解説
大ヒット曲「骨まで愛して」を原作に、作詞・川内康範が脚色した、渡哲也・浅丘ルリ子の歌謡アクション決定版!

『骨まで愛して』
夜霧につつまれた横浜。青木組長(金子信雄)のもと闇の世界に生きる加納誠(渡哲也)は、ひそかにあや子(浅丘ルリ子)に香港に逃げようと誘われていた。彼らは幼い頃青木に拾われて成り上がり、逆らうことは許されない運命だった。ふたりだけで逃げる約束の日。加納に、ダイスの政(宍戸錠)がサシの勝負を挑んでくる。そのゲームの終結を待たずに、敵の刺客に腕を撃ちぬかれた誠はあや子のもとに辿り着けず、当のあや子は誠が死んだと聞かされて傷心のまま海を渡った。一方、誠の傷を手当てした医者は彼を牧場に引き取らせ、牧場の娘・千代(松原智恵子)は誠の凍てついた心を優しく解き放ってやるのだった。だが、千代の兄はやくざに多大な借金を作っていた。二度とダイスは振らぬと決意していた誠も、小川家の苦しみを黙過できなかった。単身藤崎組へのりこんだ誠、そこに政がわらじを脱いでいた。誠の怒りは一挙に爆発した。水を打ったように静かな賭場は、政と誠の一回勝負に緊張したがさすがの政も誠の敵ではなかった。その頃、あや子を連れた青木が、藤崎組との麻薬の取り引きのために函館空港へ到着した。「骨まで愛して」のメロディーに導かれるように、誠とあや子は再会した。しかし哀しい運命がふたりを待っているのだった…。



廉価版/渡哲也 俳優生活55周年記念/本編92分

永続特典

封入特典:解説書
■映像特典
劇場予告編

商品詳細

JAN4907953275188
種別DVD
組枚数1枚組
制作年1966
制作国日本
色彩カラー
画面サイズシネスコサイズ=16:9LB
音声仕様ドルビーデジタルモノラル 日本語
販売元日活
発売元日活