• 太平洋のかつぎ屋 【DVD】
拡大する
太平洋のかつぎ屋 【DVD】

太平洋のかつぎ屋 【DVD】

  • DVD
  • まとめてラッピング可能

10860641

15% OFF

3,520

販売価格2,992円(税込)

獲得ポイント:29pt

数量:

【DVD倉庫】

商品情報

スタッフ

松尾昭典(監督)星川清司(脚本)熊井啓(脚本)高木雅行(企画)岩佐一泉(撮影)安藤真之助(照明)神谷正和(録音)松山崇(美術)辻井正則(編集)佐藤勝(音楽)

内容説明

解説
颯爽!天駆ける熱血パイロット・アキラの英姿!/空前のスケールとスリルで描く航空スペクタクル巨篇。

『太平洋のかつぎ屋』
日新航空のパイロット立花哲次は、民間航空会社パシフィック・ポーターズの機長ジム・ブラックとロサンゼルスに向け飛び発った。ウィスキーをあおっていたジムは、ホノルルのコントロール・タワーの指令を無視して着陸し滑走路外に突っ込み機体は炎上した。哲次は失神したジムを助け出すのが精一杯だった。査問会でジムがその時失神しなかったと証言したため哲次は解雇された。「航空界」編集長の南部順平だけが哲次の味方となって庇った。哲次はジムを詰問するためパシフィック・ボーターズの事務所を訪ねた。ジムはあくまでシラを切り空気が険悪となった時、宮崎航空大学で同期だった杉江洋介が入って来た。/杉江と哲次は航空大学学長の娘・典子を愛していた。杉江は事故で顔に傷を負って以来、世を拗ね人を拗ねてパシフィック・ポーターズで働いていたのだった。杉江は哲次への憎悪に燃えていた。哲次のことを新聞で知っていた品田学長は哲次を航空大学によぶ。哲次は航空大学の教官として地上勤務につくことになった。典子と品田の温かい心使いにも哲次の心は淋しかった。一年経った。やがて学生達の卒業式がやって来た。巣立ってゆく若いパイロットの姿にたまりかねた哲次は、禁を破って大空を飛んだ。やはり俺には空が一番だ、空を自由に飛び廻りたい一心の哲次はたまらなくなって東京へと飛び出した。

商品詳細

JAN4907953286313
種別DVD
収録時間87分
組枚数1枚組
制作年1961
制作国日本
色彩カラー
画面サイズシネスコサイズ=16:9LB
音声仕様ドルビーデジタルモノラル 日本語
販売元日活
発売元日活