• 東京の孤独 【DVD】
拡大する
東京の孤独 【DVD】

東京の孤独 【DVD】

  • DVD
  • まとめてラッピング可能

10860685

15% OFF

3,520

販売価格2,992円(税込)

獲得ポイント:29pt

商品情報

スタッフ

井上梅次(監督)松浦健郎(脚本)井上梅次(脚本)井上友一郎(原作)高木雅行(企画)高村倉太郎(撮影)大西美津男(照明)福島信雅(録音)中村公彦(美術)鈴木晄(編集)大森盛太郎(音楽)

内容説明

解説
華やかな球宴の陰に交錯する哀歓の人間模様!プロ野球に飛び込んだ二人の新人の意地と闘魂を描く青春劇場篇。

『東京の孤独』
東京ディッパースの新人テスト場のある伊東の町へ二人の男が降り立った。プロボクサーの猿丸真二郎は投手を志し、ディッパースの大貫監督を尊敬していた。黒柳平介は大打者を夢見ていた。猿丸は伊東への車中でスリに会い困っているところを、ディッパースのファンだという若い女性に汽車賃を払って貰っていた。その女性は大貫監督の妹で登世子といった。/猿丸はテストで暴投し爆笑されジムに帰ろうとする。だが豪快な打撃の黒柳よりも大貫監督は猿丸の才能を見抜いていた。ディッパースは二人の採用を決定した。/その裏では、二人を入団させても優勝できないと考える、二軍監督・小芝の大貫監督失脚を狙う策動があった。ところが期待を尻目に二人の新人は消息を絶ってしまう。/スカウトの野々宮のもとに黒柳から売込みの手紙が届いた。黒柳の計算された売込みは効を奏し、百万円で自分を売り野々宮は二百万円でディッパースに売った。登世子はテレビのボクシング中継で、偶然猿丸を見つけた。大貫とともにジムを訪ねると猿丸はすでに故郷の福岡へ向っていた。野々宮は猿丸の母に五十万円を握らせた。登世子は大貫の窮地を語ってディッパース入りを説いた。大貫監督がウェーブスの監督に就任するという野々宮の策略によって猿丸はウェーブスに入団させられた。かくして猿丸と黒柳は文字通りライバルとなった。大観衆の見守る後楽園で二人は対決する。

商品詳細

JAN4907953286306
種別DVD
収録時間102分
組枚数1枚組
制作年1959
制作国日本
色彩モノクロ
画面サイズシネスコサイズ=16:9LB
音声仕様ドルビーデジタルモノラル 日本語
販売元日活
発売元日活