• 太陽、海を染めるとき 【DVD】
拡大する
太陽、海を染めるとき 【DVD】

太陽、海を染めるとき 【DVD】

  • DVD
  • まとめてラッピング可能

10860976

15% OFF

3,520

販売価格2,992円(税込)

獲得ポイント:29pt

数量:

【DVD倉庫】

商品情報

スタッフ

舛田利雄(監督)山田信夫(脚本)岩井金男(企画)姫田真佐久(撮影)岩木保夫(照明)橋本文雄(録音)大鶴泰弘(美術)辻井正則(編集)伊部晴美(音楽)斎藤耕一(スチル)

内容説明

解説
真っ赤な海が、オレを呼ぶ!海に生きる男の誇りと友情を雄大なスケールで描く豪快アクション篇。

『太陽、海を染めるとき』
港に濃霧が漂う静かな夜。ブラジル航路の貨客船・モンロー号の二等航海士に任命された北川功は、モンロー号があまりのボロ船だと分かってやけを起し、酒場で酔って暴れた。船員の海坊主、スクラップ、ライスの喧嘩好きたちはこれを喜んだ。北川を海員ホテルにかつぎこみ、船員手帳を盗んだのは二年前に商船大学を北川と同期卒業した大森だった。大森は将来を嘱望されていたが、ふとしたことからやくざになり、港町のボス・飯岡の経営するキャバレー「モンパルナス」の支配人になっていた。恋人・冴子のために堅気になる決意をして六百万円を盗み、北川の身代りになってブラジルに行こうとしていた。大森は偽造屋の珍のところに手帳を持っていくと、珍は飯岡の情報屋ですぐ飯岡に知らされた。飯岡は大成海運の宮本に連絡する。宮本のボス・大田黒は町の荷役を牛耳っていたが、広島海運のモンロー号だけは意のままにならなかった。モンロー号の信用失墜と大森の乗船妨害を狙って飯岡や殺し屋の中野、松本らが集められた。翌朝、モンロー号の甲板には北川に化けた大森が立っていた。そこへホテルの娘弘子の運転するボートに乗って北川がやって来た。



初DVD化/小林旭デビュー65周年記念/本編90分

永続特典

ピクチャーレーベル
■映像特典
オリジナル劇場予告篇/フォトギャラリー

商品詳細

JAN4907953286351
種別DVD
収録時間90分
組枚数1枚組
制作年1961
制作国日本
色彩カラー
画面サイズシネスコサイズ=16:9LB
音声仕様ドルビーデジタルモノラル 日本語
販売元日活
発売元日活